無酸素運動と有酸素運動って何?

筋トレ

無酸素運動と有酸素運動って何が違うの?

ダイエットには無酸素運動と有酸素運動はどちらが大切?

ダイエットを効率的に行うために、知っておきたい運動の知識をお伝えします!

間違った知識では、せっかくの努力が無駄になっているかも!?

筋トレ

無酸素運動と有酸素運動

無酸素運動というのは、筋トレや短距離走など瞬発的に力を発揮するような運動のことを言います。

ほぼ呼吸を止めたような状態で激しく運動をするため、無酸素運動という名で呼ばれているようです。

そして有酸素運動というのは、ウォーキングやエアロバイクなど規則的な繰り返して行われる比較的軽い運動の事を言います。

こちらは十分に呼吸を確保しながら出来る運動として、有酸素運動と呼ばれています。

ただし、有酸素運動と言われる水泳やダンスなども、あまりに激しく瞬発力を必要とするような方法で行うと、無酸素運動に変わってしまいます。

筋トレ

無酸素運動と有酸素運動の効果の違い

無酸素運動は、体内の糖質をエネルギーに変えて一時的に大きな力を発揮します。

しかし、酸素を必要としないため、短時間しか運動は出来ません。

大きな力を出すことが出来る無酸素運動では、筋力を鍛えることが出来ます。

有酸素運動では、体内の脂肪を燃焼させエネルギーに変えて力を出します。

力は大きくありませんが、酸素を取り入れながら行う運動なので、持続的に行うことが出来る運動です。

無酸素運動と有酸素運動では、酸素の有無とエネルギー源、効果が違ってくることが分かりますね( ..)φメモメモ

筋トレ

ダイエットに適しているのは、無酸素運動?有酸素運動?

ダイエットと言えば、脂肪を無くしたいので有酸素運動!と思いがちです。

確かに有酸素運動は脂肪の燃焼をするため、ダイエットに最適と言えますが、有酸素運動ばかり行えば良いかというと、そうではないのです。

有酸素運動で脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出す機能は、無酸素運動で鍛えられる筋力が無ければ、上手に脂肪を燃焼させられないのです。

ということは…、ダイエットを効率的に行う為には、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて、どちらも行うのが良いでしょう!

特に女性は、男性よりも筋肉量がなく、脂肪が付きやすい性質があります。

ですので、無酸素運動によって筋力を鍛える事で、有酸素運動での脂肪燃焼力のアップを見込むことが出来ます。

運動を行う順番としては、先に無酸素運動で筋力を上げ、有酸素運動で脂肪を燃やすという流れが1番ダイエットに最適とされています。

ですので、まず適度に筋トレを行ってからウォーキングをするといったような順番で、毎日運動を行うことが望ましいでしょう(*^-^*)

筋トレ